爪水虫にはハーブが効きます

爪水虫にはハーブが効きます

会社で同じフロアの同僚から、爪水虫にはハーブやアルマオイルが効果的だと教えてもらったので試してみました。毎日パンプスやストッキングを履いているせいか、夏場などに爪水虫の症状が出ることがあり薬局で売っている薬でずっと治していたので、ハーブやアルマオイルで軽減できるなら試してみたかったからです。

 

爪水虫対策として最も簡単な方法が、足の指や爪を清潔にしており乾燥させておくことだと言えるのですが、仕事中に裸足になるわけにもいかないので自宅でハーブやアルマオイルでの除菌を数ヶ月行いました。

 

その間は薬を使わなかったのですが、まるで薬を塗ったときのように足の爪がキレイになっていったので、本当に効果があるんだと驚きました。私の爪水虫は色が変わるだけでかゆみや痛みがないので、気軽に試せたというのも正直なところですが、完治まで時間をかけていいといった方からするとこの方法は便利だとも感じました。

 

あと抗菌効果だけでなく消臭効果も得られたので、若干ではありますが夏場の足の嫌なニオイが軽減されてもいました。爪水虫と同じくらい夏場の蒸れから来る足の臭いに悩んでいたので、一気にふたつの悩みが解決できて本当に良かったです。

 

 

爪水虫はなるべく皮膚科に行きましょう

私は最初、爪水虫などという言葉も知らず、まったく自分が水虫に感染しているなどとは思いませんでした。後から調べたら、爪水虫はかゆみや痛みがなく、自覚症状がほとんどない病気だそうです。お風呂に入ったときに、爪やその周辺の皮膚がごわごわとしていたり、角質のようなものが、ぼろぼろはがれ落ちるときは要注意です。

 

 爪が妙に白っぽくなり、爪の両脇の皮膚が甲羅みたいに固くなってきて、おかしいと思いネットで調べました。そのとき、初めて爪水虫という単語に出会ったのです。最初は半信半疑でしたが、放っておいても症状はまったく改善されず、相変わらずぼろぼろと皮膚がはがれ落ちるので、市販の塗り薬を試してみました。

 

 しかし私の使い方がよくなかったのか、あまり改善は見られず、結局二週間くらい経って、皮膚科に行くことにしました。診断はやはり白癬菌による爪水虫だということでした。使っていた市販薬を持参し、効き目が薄かったことを相談したのですが、どうもやはり使い方が良くなかったようです。

 

 皮膚科で出していただいた塗り薬を、風呂で指の間を石けんで一本ずつ丁寧に洗い、水気を完全に切ってから使うようにと言われました。また白癬菌を殺すための内服液ももらいました。それらを使用するようになって十日くらいで症状が治まったと記憶しています。

 

 個人的な結論は、やはりおかしいと思ったら専門医に診てもらうのが手っ取り早い治療方法だと思います。