子供でも爪水虫を発症する事はある

子供でも爪水虫を発症する事はある

まだ成人していないにもかかわらず、爪水虫を発症してしまった時には、大人になっても同じ症状に悩まされるのではないかと不安になっていました。
その不安を解消するために、急いでクリアネイルショットを購入してきたのですが、予想以上に良い商品を選べたと思えています。

 

1日1回塗布するだけで、翌日になっても爪の保湿効果を発揮してくれるうえに、清潔さを保つために役立てやすいところが便利です。

 

学校で勉強や部活動を頑張っている最中も、ずっとクリアネイルショットの効果が続いてくれるおかげで、不安にならずに学業を頑張る事ができています。

 

子供のうちから爪水虫に対処しておかなければ、爪が酷い形に変わってしまう事もあると聞いていたので、早いうちにクリアネイルショットを使っておいて大正解でした。

 

現在でも爪の形は悪化しておらず、爪が割れるような症状に悩まされずに済んだという点でも、クリアネイルショットには感謝をしています。
爪の周囲も清潔にできるよう成分が働きかけてくれるおかげか、足の指のあたりの臭いも気にならなくなりました。

 

ジェルがベタついてストレスが溜まるという事も無い、使いやすい製品としてクリアネイルショットを愛用していきたいです。

 

 

爪水虫は抗生物質で治るのか

今から3年ほど前に、爪水虫になりました。足の指の爪を切るときに、ふと親指を見ると、少し端の方が変色していることに気づきましたが、痛みもまったくなくきつい靴を履いたせいかなくらいにしか思っていませんでした。

 

ただ、ネットで調べてみると、爪水虫は、爪が変色したり分厚くなり、痛みなどの自覚症状がないというのが特徴ということを知り、あわてて皮膚科を受診することにしました。

 

検査の結果、やはり爪水虫で、治療は抗生物質の飲み薬を、半年ほど飲み続けて完治させることができました。

 

通常の足水虫であれば、塗り薬を2ヶ月程度続ければ完了することもありますが、爪水虫は、爪の伸びるスピードが関係し、爪の根本が先端まで伸びるのに、最低でも半年程度かかってしまうので、その間薬の服用が必要となってしまいます。

 

症状としては特に痛みなどもなかったので、本当に効いているのか疑問でしたが、途中で服用をやめてしまうと、白癬菌が残ってしまい、再発してしまう可能性が高くなってしまうので、薬を飲み続ける必要があります。

 

そのおかげで、爪水虫は完治し、爪の変色もなくなりました。女性の場合は、ペディキュアをしているのであまり気づいていないかもしれませんが、意外と爪の水虫になっているかもしれません。